写真の唄

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPAN SWIM 2008



北京オリンピック最終予選。

我がニコンD70のISO感度はMAXの1600ノイズ天国
こうなってしまうと適正な露出などというものは捨てるしかない
しかし、もともと適正とかあまり考えたことがなくて・・・
スポット測光と色温度で絵を作っています

選手なんか写らないので五輪出場を賭けた戦いの様子は叩いた水の飛沫勝負

カラー設定はノイズ大歓迎スペシャルビートニックアジアンビビッド
電飾の広告はまわり、ビートを刻むミュージックが絶えず流れてここはまるでクラブシーン

Comments - 2

マナブ  

うはは、ビートニックなシミズさん面白い!

タスマニアに集まったフォトグラファーたちの写真を見て、新しいニコンの凄さを見せつけられました。
僕は正直言ってあまりカメラやレンズの性能に感心がないのですが、ニコンの高感度の解像力には正直驚きでした。報道やスポーツの世界で確実に写真が変わると思います。ISO2000で写したプリントもISO400と変わらない勢いでしたよ。
欲しくなるでしょ?

2008/04/17 (Thu) 11:00 | EDIT | REPLY |   

shimizu  

去年のテニス会場ではほとんど見かけなかったニコン。高感度で高画質、ストレスのないスピード。この水泳会場を見てもニコンの勢いは凄いです。でも僕が欲しいのはシグマSD14なみのサイレントシャッターの一眼レフ。音に敏感な観客席の中、カタカタとキツツキのような撮影では気が引けてしまうのです。気持ちが前に出てこないと写真はダメですからね。NIKON D3 SILENT これが出ないかな~?

それにしてもアドビのイベントは面白いですね。
日本のテレビ局はこういうのをドキュメントして欲しい!

2008/04/19 (Sat) 10:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。