写真の唄

ARTICLE PAGE

ノーサイド




ノーサイド

もう試合は終わった。敵も味方もない。もうどちらのサイドでもない。同じラガーマン、握手をしよう!
ラグビーで使われている言葉です。ラグビーを知らなくてもユーミンの曲でお馴染みですね。

戦いを終えた者同士がお互いの健闘をたたえあう。これはスポーツの美しいシーンのひとつです。
表彰式では誰もがそのシーンを見たいもの。でも最近見られなくなってしまいました。
表彰台が離されてしまって手を伸ばしても握手も出来ない距離に置かれたことも関係あるでしょう。
後ろに下がる距離もないので広角レンズを使っても一枚の写真に収めることさえ出来ません。

2009年高校生の赤尾が全日本で優勝した時のシーン
今年の軽量級男子シングルスカル 健太さんが抱え上げられたシーン
レースと同じで素晴しい表彰式はいつまでも心に残ります。

もうすぐ全日本選手権が始まります。
2007年から見ていますが年々ボートを観戦する人の数が多くなっています。
今年も多くの賑わいがさまざまな場面で見られることでしょう。そして・・・
美しいノーサイドのシーンをひとつでも多く見たいと思います。




♪ ユーミン - ノーサイド






















































Facebook kou shimizu
Facebook ROWINGPIX






Comments 2

はっち  

笑顔のとなりに涙がある・・・
勝者と敗者を隔てる距離・・・

そんな表彰式はやっぱり後味が悪い。

結果は分かれてしまうけど、頂点を目指してきた思いと熱は同じはず。

ここにある写真はどれもサイコーです。
こんなシーンを是非見たい!

2013/10/02 (Wed) 09:48 | EDIT | REPLY |   

清水  

そんなに表彰台を離さなくてもね(笑)
距離が無くなれば自然と生まれるような気がします。
ボート協会さん お願いします!

2013/10/13 (Sun) 12:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply