写真の唄

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノクロームの空




これまでいろいろなカラー写真を撮ってみた。綺麗な青空や夕焼けが撮れてもそれがいったい何だ?と思っていたのだが綺麗な写真を見て心が動くのも事実。これまで僕の描いてきた絵は空は青、木は緑という常識と格闘するものだったから不思議だ。でも本来の自由な色彩の喜びには到底及ばない。満足度が小さい。事実の説明ではなかったはずだし色の再現でもない。色と形のドラマを楽しんでいたはずだ。

































































Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。